MENU

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年以上、これまでに培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

「 スタッフ 」記事一覧

大阪府(竹内副知事)に砂防副読本1000冊を寄贈しました。

大阪府では、6月の地震に加えて、度重なる豪雨で、地盤への影響を大きく受けており、今後の少しの降雨や地震でも、土砂災害が発生しやすい状態と言えます。そこで、土砂災害防止広報センターが発行する砂防副読本を、土砂災害の防災に関する知識の向上と予防のため、府民及び関係者の皆様に配布していただき役立てていただきたいと思います。

image01
左から、監事 花井幸二、理事長 山本賢一郎、竹内廣行 大阪府副知事、小池重一 大阪府都市整備部河川室河川環境課長

image02
砂防副読本贈呈の挨拶を申し上げました。

image03
竹内副知事から返礼挨拶をいただきました。府内の約9000か所の土砂災害危険個所の住民に対し本副読本を活用して早期避難を訴えていきたいとのことでした。

3Dシアターと各種体験型模型が【防災体験イベント】で出展されました

日時 平成30年8月4日(土)13:00~15:30
場所 奈良県十津川村上野地地区交流施設体育館

image01
主催者 株式会社中和コンストラクション(国土交通省近畿地方整備局紀伊山系砂防事務所:工事受注者)
展示
 パネル「平成23年紀伊半島大水害からの復旧」
 3Dシアター
 模型(土石流・地すべり・急傾斜地の対策模型、土石流キャッチャー)

image02
体育館入口のサイン

image03
会場全体

image04
体験模型とパネルの展示

image05

image06

image07

image08

image09

image10
3Dシアターのスペース(40席)

image11

image12

image13
会場となった体育館の前では鮎のつかみ取りが行われました

宮城県仙台第一高等学校の生徒さんとの交流(3回目)

7/5(水)に、宮城県仙台第一高等学校の生徒さん2年生4名が当センターに校外研修で訪れました。
当高校からの来訪は3回目となりました。
同校は文部科学省の支援事業のスーパーサイエンスハイスクールの指定校です。
その一環として13の分野において課題研究に取り組み「地すべり災害」を選んだ4名と、約2時間の研修を受けに来られました。

image01

研修目的

私たちは災害研究ゼミに所属し、雨による斜面崩壊での被害を減らすための対策について研究を行っており、現在は斜面に杭を打ち、杭の配置と打つ角度による崩壊土砂の量の比較を行っております。今回は土砂災害対策として広報など多方面からできることを詳しく学びたいと思い、ご連絡させていただきました。私たちは実際に土砂災害防止に関する研修会等に参加する機会がほとんどなかったので、一般市民の防災意識を高める取り組みについてもお話を伺いたいと考えております。

主に以下の説明を行いました。
・土砂災害対策としての広報手法
・一般市民の防災意識を高める取組み
・土砂災害防止法
・その他もろもろ

image02

生徒から出た質問
・土砂災害防止法の特別警戒区域、警戒区域はどのように指定されているのか。
・都市域での災害時は、どのような避難体制や方法がとられているのか。

image03

熊本県(蒲島知事)に砂防副読本1000冊を寄贈しました。

熊本地震から二年が経過しました。被災地では今もなお復旧工事、地域の復興努力が続いています。熊本県では平成30年度中の砂防関連復旧事業の完了が目指されております。
被災地では工事が続いているなか、梅雨入りしまたすでに台風の接近により各地で豪雨も発生しています。住民のみならず工事関係者の安全も留意する必要があります。
そこで、土砂災害防止広報センターが発行する砂防副読本を、土砂災害の防災に関する知識の向上と予防のため、県民及び関係者の皆様に配布していただき役立てていただきたいと思います。

 

熊本日日新聞(2018.6.14朝刊)に掲載されました。
pdf

熊本県庁のホームページに掲載されました。
http://www.pref.kumamoto.jp/chiji/kiji_24078.html governor

 

image01
左から、監事 花井幸二、蒲島郁夫 熊本県知事、理事長 山本賢一郎

 

image02
砂防副読本贈呈の挨拶を申し上げました。

 

image03
蒲島知事から返礼挨拶をいただきました。
左から、永松義敬 熊本県総括審議員兼河川港湾局長、蒲島郁夫 熊本県知事、植野幹博 熊本県砂防課審議員

 

image04
砂防副読本のAR動画機能を蒲島知事に披露しました。

 

image05
県庁新館ロビーでは、土砂災害防止月間としての展示がされていました。

 

image06
現在の熊本城の姿、宙に浮いているように見えました。

 

image07
おまけ・・・くまモンと知事室の前で出くわしました!!

徳島県(飯泉知事)に砂防副読本1000冊を寄贈しました。

平成30年度(第36回)土砂災害防止「全国の集い」が徳島県内で開催されるにあたり、本「集い」を契機として、土砂災害防止広報センターが発行する砂防副読本を、土砂災害の防災に関する知識の向上と予防のため、県民の皆様に配布していただき役立てていただきたいと思います。

徳島県ホームページに掲載されました。
https://www.pref.tokushima.lg.jp/kenseijoho/hodoteikyoshiryo/5018692/

image01
飯泉嘉門徳島県知事(左)


image02
左から、理事長 山本賢一郎、飯泉嘉門 知事、瀬尾守 徳島県政策監補