MENU

支える

地域の防災力を向上させる
(公共事業・地域防災支援)

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年以上、これまでに培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

地域防災力向上の支援

資料館の活用計画立案

   全国各地に設置されている砂防関係資料館。これらは、私たちが提案する防災教育や砂防学習フィールドの各場面で大いに活用できます。資料館の展示物の見直しや今後の活用・運用計画を支援します。

◇実施例

   資料館の課題として、展示物の老朽化や運営の人材確保が挙げられます。見直しの際には、展示替えはもちろん、防災教育や生涯学習に役立ち、地域住民が運営に関わることで防災意識を高め地域活性化につなげることがポイントです。また、資料館を核とした一帯を砂防学習フィールドととらえて立体的な計画に仕上げることも重要です。その観点からの支援を行っています。

  • 地域住民の意見

    資料館の見直しは地域住民の意見を聞きながら

  • フィールドマップ

    資料館を核として作成した周辺フィールドマップ