MENU

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年。これまで培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

2017 年 土砂災害防止月間 特別支援企画 実施報告書(青森県)

実施者:青森県県土整備部河川砂防課
進呈品:土石流と火砕流の臭い、簡易雨量測定器(ブザー付き)

1.催事

①「青森県土砂災害防止講演会」
②「川の防災安全教室」

2.実施日

①平成29年6月30日(金)
②平成29年7月5日(水)

3.実施場所

①ウェディングプラザアラスカ(青森県青森市新町1丁目 11-22)
②南部町立名久井小学校(青森県三戸郡南部町大字平字広場8)

4.対象者

①県及び市町村の砂防・砂防担当者、建設業関係者、土砂災害防止に興味ある方等
参加者約310名
②小学4・5・6年生 78名

5.催事概要

①「土砂災害防止月間」の取組の一環として、防災関係者及び県民等の防災意識を高めてもらうことを目的に、
県が毎年開催している講演会。
②洪水・土砂災害から住民自らが身を守るため、地域の防災リーダーとなり得る小学生を対象に、川の防災と
土砂災害の防止に関する知識の習得及び防災意識の向上を図ることを目的に開催している防災教室。

6.進呈品 活用状況

①青森県土砂災害防止講演会


講演会状況

進呈品配置状況

 

 

 

 

 

 


進呈品活用状況(臭い)

進呈品活用状況(簡易雨量測定器)

 

 

 

 

 

 

 

②「川の防災安全教室」


防災教室状況

進呈品(臭い)配置状況

 

 

 

 

 

 

 


進呈品活用状況(臭い)

進呈品活用状況(臭い)

 

 

 

 

 

 

 

7.活用効果、意見等

①講演会参加者は、実際に土砂災害を体験したことがほとんど無く、「臭い」を体感することで、今後の防災の参考とすることができた。
また、後援会には建設工事担当者も多く参加しており、簡易雨量測定キットを体験してもらうことで、自らの工事現場における安全対策の参考とすることが出来た。
②小学生にとって土砂災害を具体的に理解するのは難しいと思うが、土砂災害の説明後、五感を使った「臭い」を体感してもらうことで、
土石流等のイメージをより強く感じ取ったり、防災に興味を持ってもらうことが出来た。

超癒し系、ホタルブクロの動画をご覧ください。高知県高岡郡佐川町より

ホタルブクロ
https://www.facebook.com/profile.php?id=100000133341434&fref=hovercard&hc_location=chat

特徴(ウィキペディア)
開けたやや乾燥した草原や道ばたなどによく見られる草本で、全体に毛が生えている。根出葉は長い柄があり、葉身はハート形。匍匐枝を横に出して増殖する。初夏に花茎を延ばす。高さは、最大80cmくらいにまでなり、数個の釣り鐘型の花を穂状につける。花は柄があって、うつむいて咲く。暑さには弱い一方、日陰でもよく育つ。

山間部では人里にも出現する野生植物であるが、美しいので山野草として栽培されることも多い。花色には赤紫のものと白とがあり、関東では赤紫が、関西では白が多い。

日本ジオパーク全国大会・伊豆半島大会に砂防関係模型を出展

日本ジオパーク全国大会・伊豆半島大会(10/10、静岡県沼津市)に砂防関係模型を出展しました。

10月10日、沼津駅前にあるプラザヴェルデの会場には約3000人の来場者がありました。
全国各地から集まったジオパークの紹介展示のほか、小中高生によるポスターセッション、地域の物産展も多く集まり大変賑わいのあるイベントとなりました。

土砂災害防止広報センターでは下記の模型を展示しましたので以下にその様子を紹介します。

終始このような状態で3人のスタッフは大忙しでした。新型模型の5兄弟たちは大活躍してくれました。

image001

image002

 

左から、

image003

 

土石流実演ミニ装置    土石流キャッチャー

image004  image005

 

土石流対策模型(廉価版) 急傾斜地対策模型(廉価版)

image006  image007

 

地すべり対策模型(廉価版) 火山噴火実験装置

image008  image009

 

地層を学習しているという高校生たちは地すべり模型に興味を持たれていました。

image010
今回がデビューの土石流実演ミニ装置は大人気でした。当方としては展示運用上の課題もクリアになりました。これは絶対におススメ商品です!

image011

 

これも今回がデビューの土石流キャッチャーはとにかく子供たちに大ヒットでした。砂防堰堤の効果と堆砂の除去を学んでくれました。

image012

image013

 
お母さんたちの方が真剣に説明を聞いてくれました。これ、大事なことです。

image014

 

さらに、これまた今回がデビューの火山噴火実験装置には写真もうまく撮れないくらいの人だかりができました。

image015

 

 

「豊能町西地区自治会連合会・防災ボランティアからの報告」

土砂災害防止広報センター 様
この度は、豊能町 官民コラボ「とよの防災フェスタ2016」に多大なるご支援を賜りありがとうございました。

最終日の19日(起震車体験、非常食試食会、啓蒙ビデオ3Dシアター)は、台風16号が接近し、生憎の雨で参加者が少なくなってしまいました。
このイベントを通じ、「防災の備え」を訴える難しさを痛感しました。

これまで、大きな災害がなかった住民ですの、何をどうすれば良いのか、判らないのが実情で、危険リスクを解消するためのセミナー、起震車体験、非常食試食体験、パネル展、啓蒙ビデオなど、様々なプログラムを用意しましたが、積極的に情報収集をしようとする人は少ない。

多数が集まるイベントに合わせて行うか?あらゆる機会を通じ継続発信することしかないのでしょうね。
改めて、取り組んで参ります。

台風16号が近畿に最接近した20日は、大雨警報、土砂災害避難準備情報が発令され危険警戒区域では、土砂災害の危惧もありましたが、お借りしたビデオをご覧になった方や気象情報や土砂災害防止のセミナーに参加された方には、その防災・減災に役にたったことと思っています。
この度は、本当にありがとうございました。
今後とも、ご支援いただければ幸でございます。

大阪府豊能郡豊能町新光風台
塩 川 恒 敏