MENU
職員募集 技術部門(コンサルタント分野:砂防広報)若干名・・・

「採用情報」はこちら

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年。これまで培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

宮城県仙台第一高等学校の生徒さんとの交流(今年で4回目)

7/12(金)に、宮城県仙台第一高等学校の生徒さん2年生4名が当センターに校外研修で訪れました。

当高校からの来訪は今年で4回目となりました。
同校は文部科学省の支援事業のスーパーサイエンスハイスクールの指定校です。

その一環として13の分野において課題研究に取り組み「災害」を選んだ4名が、約2時間の研修を受けに来られました。

%e2%91%a0dscf0093_r_cut

研修目的

「私たちは災害研究ゼミに所属し、砂防ダムによる防災面の効果とともに、環境面への影響について研究を行っており、
現在は、水路模型実験装置を自作し、砂防堰堤の種類によって流出土砂にどのような影響がでるかを調べることで、
環境への影響を議論できないかという研究を行っております。

今回は「未来に生かす砂防ダム」をテーマとし、研究に関連する内容を詳しく学びたいと思い、ご連絡させていただきました。

私たちは実際に土砂災害防止に関する研修会等に参加する機会がほとんどなかったので、
砂防事業全般の取り組みについてもお話を伺いたいと考えております。

主な質問事項
・砂防ダムの半透過型の種類やメリット・デメリットなどについて、詳しくお話を伺いたい
・砂防ダムに今求められていることについて
・砂防ダムによって起きる問題とその理由
・砂防ダムの高さの限界とその理由

生徒が考えた研究目的と研究の進捗・前日(7/11)に東京大学 堀田先生の特別講義を受講し分かったこと等を聞いて、
生徒の疑問点に答える形で説明を行いました。

%e2%91%a1dscf0094_r_cut

広島県(湯﨑知事)に砂防副読本1500冊、土砂災害防災ポケットガイド2000部を寄贈しました。

広島県におかれましては、7月の豪雨災害において、多数の尊い人命が失われたことに、県民および関係の皆様に対しお見舞い申し上げます。

最近の異常な豪雨では、日本列島全体に大きな爪痕が残され、また、災害の規模がどんどん大きくなっている状況です。

我が国の、豪雨を予測する観測精度は日に日に高まりを見せており、各種の気象情報や警戒情報は、国民に共有されております。

このような中、これらの情報を具体な避難行動に反映されているかについては、西日本豪雨災害をみると、「逃げ遅れ」による多くの犠牲者が出たことで示される結果となりました。

災害で被害者を出さないためには、一人ひとりの防災意識の向上と、地域の警戒避難体制の確立が、もっとも重要となります。

広島県内の地盤は、度重なる豪雨の影響を大きく受けており、いまだ土砂災害の危険は続いております。

県民の皆様は、土砂災害の恐ろしさを十分に認識されていることとは思いますが、土砂災害に備えるためにはある程度の知識が必要になります。

そこで、土砂災害の防災に関する基礎知識の向上、そして、予防に役立てていただきたく、土砂災害防止広報センターが発行する「砂防副読本」と、「ポケットガイド」を寄贈させていただきました。

 

image01

右 湯﨑英彦 広島県知事

【開催報告】牛伏川階段工完成100周年記念行事

土木・環境しなの技術支援センターHPより
http://www.ne.jp/asahi/tac/shinano/20181022-1.pdf

20181019日(金)
会場 松本市中央公民館(Ⅿウィング)
%e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90001
会場は満席となりました。

%e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90002 %e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90003
石積み砂防堰堤の保存に活躍されていている各地の皆さんから事業活動について紹介がされました。どの地域でも、活動を継続、継承する人材不足に課題を抱えていました。

%e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90004
式典の様子です。

%e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90005
長野県立歴史館の笹本正治館長による講演「災害と伝承」では、牛伏川(うしぶせがわ)と階段工直下に位置する牛伏寺(ごふくじ)の由来について紐解き、土砂災害との関係を解説されました。

%e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90006
松本市立明善小学校の児童が、牛伏川と階段工について熱心に研究された成果が発表されました。

%e7%89%9b%e4%bc%8f%e5%b7%9d%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e5%b7%a5%e5%ae%8c%e6%88%90007
先人が苦労した牛伏川の工事の歴史を語る、雪華(ゆきげ)の会による朗読劇「鶺鴒の女(せきれいのひと)」が上演され来場者の目を潤ませました。

京都府(西脇知事)に砂防副読本1000冊を寄贈しました。

京都府では、6月の地震に加えて、前線や度重なる台風による豪雨で地盤への影響を大きく受けており、土砂災害がいつ発生してもおかしくない状態と言えます。そこで、土砂災害防止広報センターが発行する砂防副読本を、土砂災害の防災に関する知識の向上と予防のため、特には「逃げ遅れ」とならないための住民意識向上のため、府民及び関係者の皆様に配布していただき役立てていただきたいと思います。

京都府ホームページ「知事室トピックス」より
http://www.pref.kyoto.jp/chiji/index.html

砂防副読本の寄贈
9月5日、NPO法人土砂災害防止広報センターの山本賢一郎理事長が、砂防副読本「土砂災害から命をまもる」1,000部を寄贈するため、府庁を訪問されました。山本理事長は「土砂災害の防災に関する基礎知識の向上、そして予防に役立ててほしい」と述べ、西脇知事は「一人ひとりが、自分の命をどのように守るのかという意識を持つために、知識は重要」と応じました。

006
今回寄贈された副読本は、府内の市町村などにも配布され、住民の土砂災害に対する防災意識を高めるために活用されます。

002
左から、監事 花井幸二、西脇隆俊 京都府知事、理事長 山本賢一郎、木寺信男 京都府建設交通部砂防課長

003
砂防副読本贈呈の挨拶を申し上げました。


004
西脇知事からは、7月の豪雨災害時に府民の実避難者が0.6%と低調であったことから住民の防災意識を向上させることが非常に大事であるとともに、避難を呼びかける際の用語もわかりやすいものにしなければならないことを強調されました。そのうえで砂防副読本を活用してまいりたいとのお言葉を頂戴しました。


005

前日9/4には台風21号により京都府内全域に被害がありました。度重なる被災に対しお見舞い申し上げます。