MENU

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年以上、これまでに培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

「 砂防の父 赤木正雄展示館 」記事一覧

砂防の父 赤木正雄展示館の紹介

2018年420日に赤木正雄展示館の総会に出席しました。
昨年度は300名弱の入館者があり、兵庫県豊岡市周辺の小中学生の社会学習に活用され、また赤木正雄博士の偉業、砂防事業の成り立ちに興味を持たれる一般の方が来館されたとのことでした。
同展示館は、平成2595日に開館され約5年半が経過しました。少しずつ来館者が増えてきました。

連絡先  砂防の父 赤木正雄展示館(館長:赤木新太郎)
開館日  金・土曜日の午前10時~午後3時(入場無料、事前予約制)
住所   赤木正雄氏の生家 〒668-0843 兵庫県豊岡市引野972 (駐車場あり)
Tel&Fax  0796-34-6517
E-mail  sabo-am-tenjikan@lilac.plala-mail.jp
展示   パネル展示、映像コーナー、ケース展示
所要時間 約1時間(展示物30分、ビデオ20分等)

【赤木家住宅】
img01
img02
img03
img04
img05
img06
img07

【砂防の父 赤木正雄展示館】
img08
img09img10
img11
img12
img13
img14
img15
img16
img17
img18

【赤木新太郎館長】
img19

【赤木家住宅の庭】
樹齢数百年、中国から来た花梨の木
img20
img21

満天星(どうだんつつじ)
img22
img23

「砂防の父 赤木正雄展示館」のご紹介

生涯を掛けて砂防事業の推進に尽力された「砂防の父」と呼ばれる赤木正雄博士の偉業、
功績と砂防の役割を広く伝えるため、平成25年9月5日に「砂防の父 赤木正雄展示館」が開館、
現在では防災学習や社会科見学で全国各地から多くの見学者が来館されています。
当センターは、当館の「協力スタッフ」として展示運営に加わっています。

◇連絡先:(一社)砂防の父 赤木正雄展示館(館長:赤木 新太郎)
◇開館日:金・土曜日の午前10時~午後3時(入場無料、事前予約制)
◇住 所:〒668-0843 兵庫県豊岡市引野972 (駐車場あり)
◇位置図:http://map.goo.ne.jp/place/28001290266/
◇Tel&Fax:0796-34-6517
◇E-mail:sabo-am-tenjikan@lilac.plala-mail.jp
◇展 示 パネル展示、映像コーナー、ケース展示

◇関連ページ
(一社)全国治水砂防協会
http://www.sabo.or.jp/topics/130905akagi.htm
http://www.sabo.or.jp/syuppan/sabo-ichiro.htm


正面玄関です。


赤木家住宅は国指定の登録有形文化財


とても立派な旧家です。

正門をくぐると左側に展示館があります。


「砂防の父 赤木正雄展示館」の家屋です。以前は農作業小屋だったようです。

大型モニターで映像観賞ができます。

赤木博士の功績資料が多数展示されています。



地元の子供たちからの寄せ書きを見つけました。

石碑の向こうに見える住家が赤木家住宅、敷地内に展示館があります。

母屋の中庭に樹齢数百年?の花梨の老木があり、訪れたこの日は満開でした。
お願いすれば母屋の一部も見学できます。