MENU
技術者募集中!(河川及び砂防分野または広告代理業務経験者等)若干名

http://www.sabopc.or.jp/recruitment/
問い合わせ先(担当:総務部) sabo-pc@sabopc.or.jp

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年以上、これまでに培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

「スタッフ 」

中日民間交流活動において当センターから講師を派遣しました

中国広州市において日本の土砂災害防止啓発について講演してきました。

日時 2016年9月29日9:30~12:00
場所 中山大学校舎内
主催 社団法人 広州留東同学会・中山大学華南日本研究所
講師 テーマ「世界・中国・日本の災害」
21世紀日本委員会副理事長 花井 幸二
テーマ「日本の土砂災害対策の効果と課題」
土砂災害防止広報センター理事長 山本 賢一郎
主な出席者(約40名)
冬  君(中山大学 教授)
謝 崇寧(中山大学 教授)
劉 金挙(広東外語外貿大学 教授)
呉 明宇(広東財経大学 教授)
呉  楓(広東財経大学 教授)
姚  旺(広東財経大学 教授)
楊 秦魯(南方医学大学 教授)
李 国寧(中山大学 准教授)
李 佳玲(中山大学 講師)
趙 長冬(日本航空)

ほか、中山大学学生・日本留学等の経験者

このたびは広州留東同学会の招聘を受け、日本の自然災害を基調とし中国の防災について意見交換を行いました。折しも訪中の当日は、広州市隣りの浙江省に台風17号が上陸しその影響による洪水被害や大規模地すべりでは27名もの死者行方不明者を出す災害が発生しました。この災害について中国国内の報道は大きく取り上げていました。翌朝に開催された講演会では、まさに水害や土砂災害を目の当たりにした参加者が今回のテーマに大きな関心を寄せることになりました。
講演会終了後は、広州市街地のほど近くにある白云山(はくうんさん)を見学させていただきました。白云山は韓国ソウル市街にある牛眠山(うみょんさん)とよく似た山全体を公園整備化された処でした。この白云山も市郊外の山々も見たところでは砂防施設は一つもありませんでした。

参考
「広州留東同学会」は、1914年に日本や朝鮮から帰国した中国人留学生が自発的に設立した学術交流会で、100年以上の歴史を持ち、その会員の多くは学会・政界・経済界・医師・研究者などの高いレベルの資格保持者で構成され、中日文化と科学技術の交流を促進するために活動している。

日本国外務大臣表彰受賞
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/culture/doc/dousoukai110909.htm

以下、写真ルポです。

中山大学構内にあるホテルのテレビを撮影した災害の様子です。ホテルのテレビをつけるやいなやいきなり大規模な地すべりの動画を見て驚きました。幸いにも滞在していた広州市では天候は崩れたものの被害はありませんでした。

image001 image002

image003 image004

image005 image006

image007 image008

image009

翌朝、現地コーディネータに引率され講演する会議室に向かいます。

image010

中山大学は政治革命家で日本にも造詣の深い「中華民国の父」と呼ばれる孫文の出身校です。

image011 image012

孫文先生の脇を通りつつ会場に向かいます。そこには少々派手な看板にお出迎えいただき気持ちが和らぎました。

image013

会場では、およそ40名の講聴者にお迎えいただきました。

image014

今回のテーマです。

image015

花井幸二さんの講演の様子です。

image016

次に私(山本)の講演です。

image017

広州留東同学会会員の先生方との記念写真です。

image018

白云山の様子です。崖の下には大きな建物がありました。

image019 image020

image021

白云山から市街地の様子を見ました。

image022 image023

image024

最後に、昼食会場に掲げてあった孫文氏の書です。「博愛」、防災も同じ精神であると感じた日でした。

image025