MENU
技術者募集中!(河川及び砂防分野または広告代理業務経験者等)若干名

http://www.sabopc.or.jp/recruitment/
問い合わせ先(担当:総務部) sabo-pc@sabopc.or.jp

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年以上、これまでに培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

「スタッフ 」

韓国「土砂災害警戒避難対策セミナー」参加報告

2016.4/4~7に韓国の特殊法人砂防協会に招かれ国立森林科学院において「日本の土砂災害警戒避難対策」と題し講演してきました。

ソウル研究院のイ・ソッミン都市情報センター長を表敬訪問
センター長とは防災教育の必要性について会談した。日本では土砂災害についてようやく教科書に取り上げられたが教育現場では土砂災害やその対策事業への知識が少ないことが課題となっている現状や国交省等が支援して実施していることを伝えた。
また、牛眠山(ウミョンサン)災害復旧現場を砂防フィールドミュージアムにしてはどうかと提案した。
image001
2年前に当センターに来訪されたソウル大学の教授らに面会を求めたがあいにく都合がつかず断念。
※当時の様子はこちらから

砂防協会のソ・スンジン会長、ヨン・ファンテッ専門委員長との面談
大井前国際砂防協会会長と合流し、協会長、専門委員長と面談した。当センターの事業内容や経歴を紹介し本セミナーでの講話の概要を説明した。会長は山林庁の元長官、専門委員長は日本でいう事務所長経験者であった。

image002

左から私、ソ会長、大井さん、コーディネーターをしてくださったキム研究開発室長

image003

韓国の砂防協会は設立9年、現在10年誌を作成中とのこと。このビルの2~3階を本部とし各地区に支部を有し70名くらいで運営している。

講演(4/5 15:30~17:30)
講演時間は2時間、うち100分を講演、20分を質疑応答となった。山林庁砂防課、国立山林科学院、砂防協会の課長以下職員25名程度が参加された。プレゼンには映像を要所要所に多用したため関心を持って聴講されていた。質問は、土砂法の指定方法、広報予算の配分、防災教育支援の方法などの実務的な内容が多かったが、今回紹介した防災啓発手法についてはどのように進められるかに関心が寄せられた。講演後は、砂防課長、係長等から使用したPPTと映像を求められすべてを提供した。また、副読本については当センターの原稿を後日に提供し協会が韓国語版を作成し当センターとの共著とする覚書を交わすことを約した。
image004
講演会場となった国立山林科学院
image005
参加者との記念撮影。私(中央)の右手がヨン砂防協会専門委員長、左手がイ砂防課長、その隣がユン山林庁災害管理課長。
image006

image007

image008
牛眠山(ウミョンサン)災害復旧現場の視察

image009

すべて自然石の三面流路工で施行されていた。砂防工事に関しては環境団体の抗議が厳しいらしい。

image010

事業説明看板

image011

image012

image013

空石積み堰堤も多数見られる。

image014

image015
土石流で被災したお寺、住職1名が死亡の現場。

image016

牛眠山の全体写真、色つきの線は山道。

image017

image018

image019

「生命と財産を脅かす地すべり、関心と避難が最高の予防法です」との啓発横断幕。

image020

ソウル市内はちょうどサクラが満開を迎えていた。

image021

image022

牛眠山の土石流災害で一番被害が多かった地区。道路の右側がすぐに山、左側のマンション2階部分まで土石流が襲った。

朝川巧さんの墓参
ちょうどこの日は「植林記念日」であり、お墓で催事が行われたとのこと。
※詳細はこちらから

image023

image024

韓国では人的な山火事が一番の問題で、地震もほとんどなく土砂災害は2011年の牛眠山災害が50~60年ぶりとのことであった。
今後の異常気象については警戒しており土砂災害には山林庁が急いで警戒区域の指定に対応している。防災啓発は今後の課題と認識し関心を高めていた。
これを機に当センターと韓国の砂防協会との交流を進めていきたい。

以上