MENU
技術者募集中!(河川及び砂防分野または広告代理業務経験者等)若干名

http://www.sabopc.or.jp/recruitment/
問い合わせ先(担当:総務部) sabo-pc@sabopc.or.jp

共有する

土砂災害防災のフィールド
ネットワークで繋がろう、広げよう

~言葉はわかりやすく、つくる輪は親しみやすく~

一般の方々に、土砂災害とその対策について理解していただくこと、またその理解を通じて防災意識を醸成・維持していただくことは、簡単なことではありません。私たちが砂防の広報に携わって30年以上、これまでに培った経験と知識を多面的に活かし、様々な活動の支援や資機材の提供を行います。

砂防フィールド
コミュニティ

スタッフの取材記録などを交えつつ、土砂災害を克服してきた各地の活動紹介や情報提供を行っております。
この場を通じて新しい発見や様々な交流が生まれることができれば幸いです。

2015年5月 記事一覧

ドボクアート砂防ダム巡りバスツアー受付開始

長野県小谷村の『ドボクアート砂防ダム巡りバスツアー』の受付が始まりました。

◇主催
長野県小谷村観光連盟

◇開催日
平成27年7月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、8月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)
全8日間 ※3日前までに要予約

詳しくはこちらまで。

 

報告「松之山地すべり防災50周年講演会」

平成27年5月8日、十日町市松之山において、大地すべり
からの復興半世紀の節目に当たり、国土交通省砂防部長を迎
え、地すべり防災50周年記念講演会が開催されました。
これは、実行委員会主催、新潟県治水砂防協会協賛による
もので、参加者は地元住民や防災関係者など300人を超え、
地すべりの多い地域として、これからの防災について、
ともに考えました。
第1部の地元紹介で、当センターから覚幸信江が出演させて
いただいたことから、このブログに写真で報告します。

 

配布チラシ

 

予想を上回る参加者を迎えることとなり、
会場が急遽自然休養村センターから松之山体育館に変更された。
会場入口付近ではパネル展示も行われた。

 

300名を超える参加者が着席、開演を待つ

 

ステージ

 

総合司会はFMとおかまちの早見アナ

 

開会挨拶 高橋洋一 実行委員長
実行委員会は、新潟県十日町地域振興局地域整備部
・十日町市・松之山振興協議会・松之山杢右衛門(モクベエ)クラブで構成

 

土砂災害防止功労者国土交通大臣表彰披露
砂防部長からモクベエクラブに表彰状と記念品の楯が授与された。

 

お礼のあいさつを行う代表者の相沢氏

 

地元の一般の方々からなる朗読の会は「モクベエ伝説」を披露。
500年前、地すべりを止めるため人柱となったモクベエさんの話に、
参加者は集中して聞き入った。

 

「地すべりとアートの取組」について、関口正洋氏がプレゼン。

 

ゲストとして招かれたアート作家磯辺行久氏は津南町辰口の
セル式砂防堰堤を組み込んだ作品作りについて紹介。

 

当センター覚幸からは「中尾に残る地すべり排水隧道」に関する調査経緯や知見を紹介。

 

砂防部長講演「異常気象と土砂災害」

 

砂防部長講演の最後には質疑応答が行われ、
土砂災害防止への思いを共有して、プログラムを終了した。

 

 

平成27年度 立山カルデラ砂防体験学習会

平成27年度の体験学習会は、5月22日から申込受付開始です。
※トロッコ個人コースは、5月28日から申込受付開始です。

応募のてびき(PDF/0.8MB)

◇平成27年度 立山カルデラ砂防体験学習会
詳細はこちらから

 

「砂防の父 赤木正雄展示館」のご紹介

生涯を掛けて砂防事業の推進に尽力された「砂防の父」と呼ばれる赤木正雄博士の偉業、
功績と砂防の役割を広く伝えるため、平成25年9月5日に「砂防の父 赤木正雄展示館」が開館、
現在では防災学習や社会科見学で全国各地から多くの見学者が来館されています。
当センターは、当館の「協力スタッフ」として展示運営に加わっています。

◇連絡先:(一社)砂防の父 赤木正雄展示館(館長:赤木 新太郎)
◇開館日:金・土曜日の午前10時~午後3時(入場無料、事前予約制)
◇住 所:〒668-0843 兵庫県豊岡市引野972 (駐車場あり)
◇位置図:http://map.goo.ne.jp/place/28001290266/
◇Tel&Fax:0796-34-6517
◇E-mail:sabo-am-tenjikan@lilac.plala-mail.jp
◇展 示 パネル展示、映像コーナー、ケース展示

◇関連ページ
(一社)全国治水砂防協会
http://www.sabo.or.jp/topics/130905akagi.htm
http://www.sabo.or.jp/syuppan/sabo-ichiro.htm


正面玄関です。


赤木家住宅は国指定の登録有形文化財


とても立派な旧家です。

正門をくぐると左側に展示館があります。


「砂防の父 赤木正雄展示館」の家屋です。以前は農作業小屋だったようです。

大型モニターで映像観賞ができます。

赤木博士の功績資料が多数展示されています。



地元の子供たちからの寄せ書きを見つけました。

石碑の向こうに見える住家が赤木家住宅、敷地内に展示館があります。

母屋の中庭に樹齢数百年?の花梨の老木があり、訪れたこの日は満開でした。
お願いすれば母屋の一部も見学できます。