土石流災害をふせぐ

   土石流による災害をふせぐための施設や工事には、土石流が流れてきたときに、それを谷のとちゅうで受け止めて、ふもとまで行かないようにする砂防堰堤(さぼうえんてい)や、大水が出たときに、川岸や川底などが水の力でけずられないように、流れの勢いを弱め、下流に安全に流すための渓流保全工(けいりゅうほぜんこう)とよばれる工事もおこなわれます。

砂防堰堤(さぼうえんてい)

   川の上流に行くと、川のとちゅうに流れを横切るようにして、コンクリートや石積みの仕切り壁(かべ)のようなものがつくられ、その上流側に土砂がたまって広い川原(かわら)ができているところがあります。山の斜面を流れ落ちる沢の途中にも、同じようなものがいくつもつくられていることがあります。これらが砂防堰堤です。
   砂防堰堤は、人家のすぐそばにもありますが、人びとがあまり目にしない山奥にもたくさんつくられています。日本の山地はくずれやすい地質でできた、けわしい山が多く、そこから流れ出す川は、下流にたくさんの土砂を運んできます。この大量の土砂が土砂災害を引き起こすため、日本ではむかしから各地で砂防堰堤がつくられてきました(くわしくは「日本の砂防のあゆみ」を見てください)。
   なお、砂防堰堤のことを砂防ダムということもあります。正式には砂防堰堤といいますが、少し前までは砂防ダムといっていたので、資料によっては砂防ダムとなっているものもあります。砂防堰堤も砂防ダムも同じものです。

土石流に対する砂防堰堤のはたらき

   土石流が流れてきたときは、砂防堰堤のポケットに土砂をためこみ、土石流を止めます。ポケットが土砂で埋(う)まってしまった場合は、次の土石流に備えてたまった土砂を取りのぞき、ポケットをからにしておくことが求められます。


土石流をとめる 1)土石流をとめる
土石流が流れてきたときは、砂防堰堤はいっぱいになるまで土砂をためます。土石流は勢いが弱くなり、下流に被害を与えることが少なくなります。

オープンタイプの砂防堰堤

   これまでに多くつくられてきた砂防堰堤は、コンクリートの堰(せき)で川の流れをせき止める、不透過型(ふとうかがた)とよばれるかたちをしていました。これに対して、ふだん少しずつ流れてくる土砂は下流に流し、大雨で大きな石や流木(りゅうぼく)がたくさん流れてきたときにはそれを止める、オープンタイプ、または透過型とよばれる砂防堰堤も多くつくられています。オープンタイプの砂防堰堤は、川の水や土砂を自然に近いかたちで流すことができます。また、魚や水にすむ虫、動物などが堰堤の上流と下流を行き来しやすいという特色があります。
   オープンタイプの砂防堰堤の特性をいかすためには、石や流木がたまったら、取りのぞいておくことが必要です。

コンクリートスリット砂防堰堤 ・コンクリートスリット砂防堰堤
堰堤にスリット(切れ目)が入っています。スリットは1つだけでなく、たくさんあるものもあります。卵を産(う)むために川をのぼってきた魚も、このスリットを通って上流に行くことができます。写真の砂防堰堤は、下流側に魚がのぼるための魚道がつけられています。
鋼製スリット砂防堰堤 ・鋼製スリット砂防堰堤
ジャングルジムのようなかたちのえん堤です。

山腹工

   土石流は、大雨などで山の斜面がくずれ、その土砂が谷川を流れ下ることによって起こります。草や木が生えていない、地面がむきだしになった山は、そのままではどんどん土砂が流れ出してしまいます。そこで、斜面をコンクリートの枠(わく)や壁(かべ)でおさえて固定したり、斜面に木や草を植えたりして、山がくずれるのを防ぎます。これを山腹工といいます。
   木を植える場合は、ただ苗木(なえぎ)を植えるのではなく、まず山の斜面に等高線にそって段々の切れこみを入れます。さらに、土が流れたりくずれたりしないように、斜面に壁(かべ)や柵(さく)を設置します。そして、その土地にあった種類を選んで木を植えていきます。

セル式砂防堰堤 山腹工が始まったころ(明治時代)の神戸六甲山地の再度山(ふたたびさん)
山の木を切りすぎて、はげ山になり、土砂災害がたびたび起きていたため山腹工を始めました。
セル式砂防堰 現在の再度山
森林がよみがえりました。

渓流保全工(けいりゅうほぜんこう)

   こうばい(かたむき)が急な川では、大雨が降って水が勢いよく流れると、水の力で川岸や川底がけずられやすくなります。けずられた土砂は下流に運ばれ、こうばいがゆるいところに積もります。すると川底が高くなって、少しの雨でも川の水があふれる原因になります。そうなるのをふせぐために、川のとちゅうに石やコンクリートで階段をつくったり、背の低い砂防堰堤のようなものをいくつもつくることによって、 流れの勢いを弱めたり、川底の土砂が下流に流れないようにしたりします。この工事を床固工(とこがためこう)といいます。
   また、水の力で川岸がけずられたり、堤防がこわされたりしないように、川岸や堤防の表面をコンクリートブロックや石でおおって保護します。この工事を護岸工(ごがんこう)といいます。護岸の表面に芝(しば)などの植物を植えることもあります。
   渓流保全工とは、これらの床固工や護岸工などを組み合わせて、土砂や水が安全に流れるようにする工事のことで、流路工(りゅうろこう)ともいいます。

< 一覧に戻る