MENU
技術者募集中!(河川及び砂防分野または広告代理業務経験者等)若干名

http://www.sabopc.or.jp/recruitment/
問い合わせ先(担当:総務部) sabo-pc@sabopc.or.jp

災害取材報告

スタッフが現地で取材をした情報です。

 鎌倉沢川は、魚沼丘陵から流れ出して、魚野川に合流する、延長4kmほどの川です。
 平成23年7月末、新潟・福島豪雨によって、魚沼丘陵では山崩れが多発しました。
 鎌倉沢川には昭和の初期、石積みの砂防堰堤群が造られていたため、上流部の荒廃による下流部への被害はかなり軽減されました。
 砂防施設が造られた所以はそばに建てられている砂防碑(石碑)に書かれています。
 この石積み堰堤群は新潟県でも初期に、赤木正男の指導によって設計された記録があり、歴史的に貴重なものですが、新潟・福島豪雨のためにいくつかの砂防堰堤が大きな被害を受けました。
 以上の状況は映像にまとめています。
 平成23年から24年の冬は豪雪となり、雪質もかなり重い雪と聞いていました。新潟県内では上越市や小千谷市で融雪災害が起きていたため、鎌倉沢川の損傷した砂防施設の雪解け状況が気がかりだったところへ、地元の方からかなりひどいことになっているという連絡を受けました。
 そこで、現地に行ってみることにしました。
 写真と動画で記録をしましたので、その主なものを掲載して報告します。
 なお、管轄する新潟県は、文化財にもなり得る砂防施設であることに配慮して復旧計画を進めているそうです。これからの雨の季節、目が離せない状況です。

         ◇鎌倉沢川被災状況
 
         ◇子持沢被災状況

 ◆ お問合せ先
 NPO法人 土砂災害防止広報センター
 〒103-0008 東京都中央区日本橋中洲4番11号
 TEL 03-5614-1114(代表) FAX 03-5614-1109

 ◆ 著作権について
 本サイトで公開している文書および画像の著作権は、すべてNPO法人 土砂災害防止広報センターに帰属します。
 本サイトで得られた情報について、無断で転載、複製、販売、出版などしないでください。ご利用を希望される方は、
 上記お問合せ先までご連絡ください。

 ◆ 免責事項について
 当センターでは、本サイトを公開するにあたり、細心の注意を払い正確な情報提供を心がけておりますが、
 その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。
 掲載されている情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに訂正・削除致しますので上記お問合せ先までご連絡ください。