MENU
技術者募集中!(河川及び砂防分野または広告代理業務経験者等)若干名

http://www.sabopc.or.jp/recruitment/
問い合わせ先(担当:総務部) sabo-pc@sabopc.or.jp

災害取材報告

スタッフが現地で取材をした情報です。

 国土交通省に新しく組織されたTEC-FORCEが迅速に始動した。土砂災害対策緊急支援チームは、緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)の一環として派遣されたもので、チームの本部は東北地方整備局岩手河川国道事務所一関出張所内に設置され(写真-1)、国土交通省国土技術政策総合研究所危機管理技術研究センター長の指揮の下、約120名で活動を開始している。人だけではなく、無人化施工機械・照明車等(写真-2)も集められている。

 ※任意の写真をクリックして頂くと拡大表示されます。

本部の様子【写真-1】 重機等【写真-2】

 各地から駆けつけた国交省職員・県職員などが被災の実態調査などに早朝から夕刻まで活動している。
 点検は丹念に徒歩で廻り、記録している(写真-3)。住民の協力もあり、順調に進んでいる(写真-4)。


亀裂の有無など確認中【写真-3】 住民と情報交換【写真-4】

 荒砥沢ダムの上流崩壊地は巨大で(写真-5)、道は大きな亀裂や変動があり(写真-6)地上からの進入は困難。

崩壊状況。尾根付近からの崩壊も見える。【写真-5】 ズタズタの道路【写真-6】

 斜面付近では、小石が頻繁に落ちていることが、音でわかる。(第一報)

◆ お問合せ先
NPO法人 土砂災害防止広報センター
〒103-0008 東京都中央区日本橋中洲4番11号
TEL 03-5614-1114(代表) FAX 03-5614-1109

◆ 著作権について
本サイトで公開している文書および画像の著作権は、すべてNPO法人 土砂災害防止広報センターに帰属します。本サイトで得られた情報について、無断で転載、複製、販売、出版などしないでください。ご利用を希望される方は、上記お問合せ先までご連絡ください。

◆ 免責事項について
当センターでは、本サイトを公開するにあたり、細心の注意を払い正確な情報提供を心がけておりますが、その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。掲載されている情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに訂正・削除致しますので上記お問合せ先までご連絡ください。