MENU

学び伝える

土砂災害を防ぐ、備える、学ぶ、伝える
(防災教育と学習・防災訓練・報道向け資料)

写真等の資料を防災教育や防災学習にご活用ください

大規模な自然災害が重なり、防災に対する国民的関心が、かつてないほど高まっています。 教育現場でも、義務教育課程において、いわゆる「防災教育」が本格的に始動しています。一層努めていくことが「私たちの使命」と考え、このページを開設しました。ウェブ副読本のほか、ここに集められている写真やイラスト類は、右下の「資料等の提供について」をご熟読のうえ、お手続きいただければお使いいただいて構いません。(動画につきましては当センターの著作物ではないものも含まれますので右上のお問い合わせよりご相談ください。)防災教育・防災学習の様々な場面で活用いただけることを願っております。

土砂災害をふせぐ砂防

火山災害をふせぐ

   火山の噴火(ふんか)では、溶岩流(ようがんりゅう)や火山泥流(かざんでいりゅう)などが発生して、ふもとの家や道路、田畑などに大きな被害をもたらします。火山が噴火するのを止めることはできませんが、火山から流れ出てきたものを、家や田畑などのない方向へ流すことによって被害を小さくすることはできます。
   導流堤(どりゅうてい)は、溶岩流や火山泥流を安全な方向に導くための一種の堤防です。山のふもとから見たときに、カタカナの「ハ」の字をぎゃくにした形につくられています。また、つもった火山灰などが原因で起こる土石流をふせぐために、導流堤と組み合わせて砂防堰堤(さぼうえんてい)をつくることもよくあります。

  • 導流堤

    導流堤
    長崎の雲仙普賢岳(うんぜんふげんたけ)から
    流れる水無(みずなし)川につくられました。