MENU

土砂災害から
命を守る知識

土砂災害から命を守るために
必要な情報を提供

写真等の資料を防災教育や防災学習にご活用ください

大規模な自然災害が重なり、防災に対する国民的関心が、かつてないほど高まっています。 教育現場でも、義務教育課程において、いわゆる「防災教育」が本格的に始動しています。一層努めていくことが「私たちの使命」と考え、このページを開設しました。ウェブ副読本のほか、ここに集められている写真やイラスト類は、ご自由にお使いいただいて構いません。(※動画は適用外のためご相談ください)防災教育・防災学習の様々な場面で活用いただけることを願っております。

土砂災害とは

がけくずれ

   がけくずれは、急な斜面(しゃめん)が、とつぜんくずれ落ちる現象(げんしょう)です。雨水や雪どけ水ががけにたくさんしみこんだことが原因で起きたり、地震(じしん)のゆれによって起きたりします。
   がけくずれは、地すべりのように地面が少しずつすべり落ちるのではなく、一気に大量の土がくずれ落ちてくるため、がけの下にいた人は、ほとんどにげることができません。このため、人の命が失われることが多いのです。

  • がけくずれの図
  • 台風の大雨で発生したがけくずれ(2005年9月 宮崎県)

がけくずれが起きやすいがけ

   5メートル以上の高さのあるがけ、かたむきが30度以上の急ながけは要注意です。がけの下よりも上のほうが張り出しているがけ(オーバーハングしているがけ)は、雨が降らなくても地震や強い風などでくずれるおそれがあります。
   また、ひびが入っていたり表面に大きな石が飛び出しているがけ、わき水が多いがけも危険です。